下野 竜也さん

27回定期演奏会(97/4/26)
  ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」
  ロッシーニ/「どろぼうかささぎ」序曲
  ストラヴィンスキー/「火の鳥」組曲
40回定期演奏会(04/10/30)
  ドヴォルジャーク/スラブ舞曲第2集より3曲
          /チェロ協奏曲
          /交響曲第7番

公式プロフィール

下野 竜也(しものたつや)
 
1969年生まれ。1992年鹿児島大学教育学部音楽科卒業。1993年から1996年まで桐朋学園大学音楽学部附属指揮教室で学ぶ。1996年にはイタリア・シエナのキジアーナ音楽院でオーケストラ指揮のディプロマを取得。1997年から1999年まで大阪フィルハーモニー交響楽団指揮研究員を務めた。1999年文化庁派遣芸術家在外研修員に選ばれ、同年9月より1年間ウィーン国立音楽大学に留学、その後も20016月まで在籍。
2000年第12回東京国際音楽コンクール〈指揮〉に優勝(第1位)、あわせて斎藤秀雄賞を受賞、翌年(2001年)9月におこなわれた第47回ブザンソン国際指揮者コンクールでも見事優勝(第1位)を果たし一躍脚光をあびた。
2002年には出光音楽賞、渡邉曉雄音楽基金音楽賞を受賞。デビューCD 大栗裕作品集/大阪フィル(ナクソス・レーベル)は国内で驚異的なセールスを記録し、2003年にはワールド・リリースされた。20043月にはパドゥルー管弦楽団を指揮してパリ・デビューを果たした。
秋山和慶、黒岩英臣、石井調、広上淳一、堤俊作、チョン・ミュンフン、ユーリ・テミルカーノフ、レオポルド・ハーガー、湯浅勇治、エルヴィン・アッツェルの各氏に師事。国内主要オーケストラへの客演に加え、海外でもブラティスラヴァ放送響、ストラスブール・フィル(仏)、ボルドー管(仏)、カンヌ管(仏)、ブザンソン管(仏)、ウィーン室内管、パドゥルー管などに客演している。


ブザンソンで優勝されたときのコメントは、こちら

下野さんの日記(ブログ)・・・金聖響さんのサイトの中にあります。